女性向けキャリア支援事業を行う株式会社MYコンパス(本社:東京都目黒区、代表取締役:岩橋ひかり)は、育児休業の取得経験がある女性、配偶者の海外転勤に帯同経験のある女性(駐在妻)、計332名を対象とした女性のキャリア形成に関する実態調査を行いました。

■    調査結果概要
女性活躍推進法の施行など政府の主導により、女性の働き方は大きく変化しています。しかし、本調査では、育休中または配偶者海外転勤に帯同などキャリアの転機にある女性たちの9割以上が、キャリアに対する漠然とした不安を抱えていることがわかりました。また、7割の女性が育休中・駐在帯同中でも何かを学びたいという強い意欲があり、仕事を離れた状況にあっても、自分のキャリア形成に積極的な女性たちの姿が明らかになりました。調査から得られた主なポイントは以下の通りです。


1) 育休女性の97%、駐在妻の94%が、育休中・駐在帯同中に「キャリアについての悩みや不安がある」と回答。仕事から離れた状況の中で、多くの女性たちがキャリアの悩みや不安を抱えている。

2) キャリアに対する不安・悩みの対処方法として、育休女性・駐在妻ともに「夫に話した」がトップ、「友達に話した」「本やインターネットで調べた」など個人的な対処が続く。実際に悩みや不安が軽減したかどうかについては「かなり軽減した」という人はそれぞれ20%代に留まる。

3)駐在妻の約9割が帯同前は有職、うち7割が帯同を理由に退職。所属企業に帯同休暇制度がある人は19%で、交渉をしても休職が認められないケースがほとんど。配偶者(夫)の海外転勤が、女性のキャリア形成に大きな影響を与えている実態が明らかに。

4)育休中・駐在帯同中に「自分のキャリアや興味・関心分野の学びや活動の時間を取った」女性は約7割。仕事から離れた環境でも、自分の生き方・働き方を考えることや学びに積極的な女性たちの姿が伺える。

5)育休中にしておけばよかったこととして「キャリアの棚卸し、今後のキャリアを考えること」を挙げた人が約6割。育休中に、復職直後の仕事や生活のことよりも、自分の生き方や働き方を中長期的な視点で考えておくことが、育休中〜復職後のキャリアの満足につながると考えられる。



■ 調査結果詳細およびプレスリリース全文はこちら

>>https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000032057.html

 

■ 内容に関してのお問い合わせ、また結果に関する詳細資料をご希望の方は、
下記よりお問い合わせください。
>>http://mycompass.co.jp/contact/